キャッシングの審査基準について

お金を借りると言うことはしっかりと返済をしなければいけないと言うことなので、申し込みを行った人は、その人の属性についてしっかりと判断されるようになっています。キャッシングの申し込みを行ったときには、カード会社や消費者金融では審査基準が設けられています。

 

その具体的な基準はどのようになっているのかというと、まずは年収うや勤続年数が大きくなっています。これは返済能力に大きく関わってくるからです。また貸金業法では総量規制についても決まりがあります。これは年収の3分の1以上の借り入れはできないという物で、その判断をするためには年収はとても重要になってくるからです。

 

したがって年収の証明が必要になることもあります。また今までお金を借りたことがある人で、返済に遅れがあると審査はとても厳しくなってしまいます。これら以外に3ヶ月以内に他の会社でお金を借りるという申し込みを行ったことがあるかと言うことがあれば、審査には不利になってしまいます。それは多重債務と見なされてしまうからです。

審査が通らない場合は申し込みブラックの可能性もあります

キャッシングで審査に通らないというときは、申し込みブラックであることも疑った方が良いです。キャッシングに申し込む時には、最近では審査スピードがだいぶ早くなっているとはいえ、審査結果が分かるまでには多少の時間がかかってしまいます。

 

急いでお金を借りたいけど、審査で落ちてしまった場合の事を考えて、複数の業者に申し込んで時間を節約しようとする人がおります。そうすると、申し込みに関する履歴は、金融業者の間で共有されており、短期間に何社も同時に申し込みをしていると、何か問題があるのではないかと疑われてしまうのです。これを申し込みブラックと言います。

 

こうなってしまうと、融資を断られる可能性が非常に高くなってしまい、他に問題がなくても借りることが出来なくなってしまうのです。一ヶ月以内に3社以上申し込みを行うと、そのように取られてしまいます。もし、申し込みブラックになってしまった場合、申し込みの履歴は6ヶ月で消えるので、6ヶ月の間は我慢した方が良いです。

キャッシングの審査に通るために

お金を借りるときには必ず審査に通る必要があります。お金を貸す側からすれば、しっかりと返済を行ってもらうことが重要になるからです。したがって会社で基準を設けて返済能力を判断しているのです。

 

キャッシングを利用するときの審査で気をつけなければいけないことは、申し込み内容に嘘を書かないことと、一度にたくさんのところでお金を借りないと言うこと、そしてできるだけ大手のキャッシング会社を利用すると言うことです。審査内容に嘘があると言うことは信用問題に関わってきます。したがってお金を貸し手も返してもらえないのではないかと判断されてしまいます。

 

年収などを少しでも多く書けば審査に通りやすくなるのではないかと考えている人もいますが、嘘を書くこと自体が審査基準に引っかかってしまいます。したがってこれだけは絶対にしないようにします。申し込む際には、印象が悪いと言うことだけで不利になってしまうと言うことを頭に入れておきます。

審査なしでお金を借りれるキャッシングはあるのか

審査なしのキャッシングは存在するのかと問われれば、存在すると答えられます。しかし、そのような業者は普通ではないです。キャッシングを行っている消費者金融は、ボランティアでお金がなくて困っている人を助けているわけではありません。業者は金利を設定し、その金利に基づいて利息をつけて返済をしてもらうことによって利益を得ています。

 

お金を返してもらえるかどうかを判断するためにも、審査を行っているのです。つまり、審査なしというところは、はじめから収入があろうがなかろうがお金を回収する手段を考えた上での事です。契約通りにお金を返してもらえばそれで良いが、契約を守らなかった場合は別の手段で取り返します。そうした業者は、初めから違法である事が分かっているために、何を要求するのかが分からない怖さがあります。

 

要するに、審査なしのキャッシングなどというところはヤミ金業者であると見るべきです。そのような業者から借りて一時しのぎは出来ても、その先にはより状況が悪化する可能性が高いです。そのために、そうしたところから借りることは止めた方が良いです。